Wear

Tシャツ・ウェアのデータ作成ガイド

■ 入稿データはai,psd,jpg,jpeg,pdf,pngなど対応いたします。

・Illustrator ( AI )
・Photoshop ( PSD )
・手描きの原稿
・ビットマップ ( PNG / BMP / TIFF / JPG / GIF )

データを入稿いただきましたら、弊社で解像度やカラー、サイズ、アウトラインなどについて
修正や調整をさせていただく場合があります。
データ修正については基本料金以外に追加料金は頂きませんのでお気軽に入稿していただければと思います。

テンプレートダウンロード
1.シルクスクリーンプリントのカラーはDICかPANTONE、
もしくは下記のインクカラー見本からご指示ください。

2.ダイレクトインクジェットプリントのカラーはCMYKカラーモードで作成

印刷カラーモードCMYKでデータ作成が不可能な場合はRGBカラーモードでもご注文を承りますが、
CMYKモードに変換させていただきます。

RGBカラーの発色の強い鮮やかな色、蛍光色に近い色は
CMYKカラーでは表現ができませんので変換によって色がくすんでしまいます。
色合いの変化が少ない色でしたら、CMYKカラー変換でも大きく変わることはないと思いますが、
なるべく、CMYKカラーモードでデータ作成をお願いいたします。

3.デザインの大きさはプリントする原寸のサイズ・解像度は300dpi

テンプレートをダウンロードしていただき、原寸で制作してください。
※プリントしたい大きさでデザイン作成をお願いします。
画像の解像度について 詳しくはこちら

画像や手書きなどで入稿される場合、テンプレートが特にありませんので解像度300dpi以上でお願いします。
解像度が分からない場合は、なるべく大きいサイズでいただければこちらで調整可能ですので
ご注文時にご希望の実寸プリントサイズを必ずご記入お願いします。

4.シルクスクリーンプリントの 線の太さは1pt(0.35mm)以上、抜き線は2pt(0.7mm)以上で作成してください。

シルクスクリーンプリントは小さい文字や細い線には不向きですので
繊細な表現には「ダイレクトインクジェットプリント」がおすすめです。
「ダイレクトインクジェットプリント」はフルカラー対応でグラデーションや細かいデザインでも表現可能です。

5.Illustratorでご使用のフォントはすべてアウトライン化にしてください。

6.ダイレクトインクジェットのグラデーションや半透明化処理について
白色以外のカラー生地の商品にプリントする場合は
ホワイトインク使用によりグラデーションやドロップシャドウを含む透明度での色調整をしたデザインは
下地のホワイトが出てしまい、白っぽく印刷されてしまいますのでご注意下さい。
ただし、ホワイトインクを使用しないプリントの場合は、グラデーションや効果の再現は可能です。

Illustratorでスウォッチ パターン、ドロップシャドウ、グラデーション、透明効果などを使用される場合
印刷処理時にうまく読み込むことができず印刷エラーに繋がる場合がありますので
なるべく、画像化(ラスタライズ)をお願いします。

✔画像化を行うと、データが1枚の画像として処理されますので
画像化をする前に別名保存で元データを残しておくことをおすすめします。

手描き、画像原稿