<< 戻る

マスキングテープのデータ作成は下記3点を注意して頂ければ難しくありません。

データを入稿いただきましたら、弊社でデザインの繋ぎ目、CMYKカラー合計濃度、解像度につ
修正や調整をさせていただく場合があります。
データ修正についての追加料金は頂きませんのでお気軽に入稿していただければと思います。

※マスキングテープの引き出し方向は基本的に左出しになります。

① 裁ち落としは上下1.5mm(合せて3mm)
仕上がりサイズより上下1.5mmずつ塗り足しが必要です。

例えば、幅15mmのデータは12mmの仕上がりになります。
紙管は15mm・マスキングテープサイズは12mm

断裁の際にズレが生じるため、切れては困る文字やイラストは
仕上がり位置よりも上下1.5mmの内側に配置するようにしてください。

② 縦の穴あけ位置はご自由に決められます。
穴サイズは2mm固定。穴あけのサイズは変更できません。

基本的には入稿データを確認の際にこちらで少し修正、調整をさせていただきますが、
修正が難しい場合は再入稿についてメール連絡いたします。

③ カラーモードはCMYK、解像度は300dpi以上でお願いします。
・印刷はCMYKカラーモードになりますのでデータ作成はCMYKカラーでお願いします。- process color –

CMYKカラーでデータ作成が難しい環境でしたら、
RGBカラーモードでもご注文を承りますが、こちらでCMYKカラーモードに変換させていただきます。

・フルカラー原稿は解像度300dpi以上、モノクロ原稿は600dpi以上でお願いします。
それ以下だと非常に粗く全体的にぼやけて印刷されてしまいます。

色設定について詳しくはこちら 解像度について 詳しくはこちら

1.切れては困る文字やイラストは34×34mm以内にお願いします。
※仕上がりサイズの38×38mmより2mm内側の直径34×34mm以内

2.背景が白地ではないデザインは41×41mmキャンバスいっぱいに塗り足しをお願いします。

▼下記のラベルデータ作成の注意点は円型ラベルの例になりますが、
四角ラベルの注意点と共通しますのでご参考にしていただければと思います。
ラベルデータ作成の注意点イメージ付詳細説明

※注意:マスキングテープの材質は和紙ですが、ラベルの紙質は上質紙になりますので
印刷色合いの濃淡がマスキングテープとは異なります。予めご了承ください。