スタンプのデータ作成時の注意点

・Illustrator ( AI )
・Photoshop ( PSD )
・手描きの原稿
・ビットマップ ( PNG / BMP / TIFF / JPG / GIF )
1.原稿は原寸大で作成してください。
・余白部分は含まず、印影「インクが着く部分」を四角でトリミングしたサイズ
・枠線は不要 (枠線が必要な場合のみ枠線を付けてください。)
下記イメージのピンク枠線は下書き線で原稿には入れない線です。
2.白地に黒のみで作成してください。カラー、グレーは原稿にできません。
ゴム印として立体にする時にグレーやカラーで表現した部分は
消えたり、かすれたりすることがございます。
インクを載せて「写る」部分を黒1色で作成して下さい。
3.線の太さは0.15ミリ以上でお願いします。
細い単独の線厚の推薦は0.25ミリですが、密集しているデザインの部分では
0.15~0.2ミリくらいまで表現が可能です。
あまり細いとゴム印として作成できても、インクをつけて押したときに潰れてしまいますので
0.15ミリ以上の線の太さでお願いします。印刷物と違い、自分の手で押すゴム印の風合いを考えて
カスレや潰れも「味」になる場合もあると思いますのでその点も加味していただくといいと思います。
4.反転は必要ありません。